【MTG】スタンダード 黒緑蛇 2018年8月~9月

お久しぶりです。

カードゲーム、マジック・ザ・ギャザリングやってました。

環境最後の店舗イベント、ストアチャンピオンシップに行ってきました。
土曜:予選2勝2敗
日曜:予選3勝0敗 決勝で黒緑ミッドレンジに負け

優勝はできませんでしたが納得のいく結果で満足。
参加賞のイマーラのプロモカードもキレイ。

デッキレシピを参考にしたのは
ttp://www.izzetmtgnews.com/archives/68262
毎週対戦しまくって勝てなくて黒緑蛇使いの人にアドバイスもらって
チュパカブラ4枚搭載という話を聞いて
黒タブシンがキツそうで避けたかったけど
上手い人の言うことが間違いない、とは思うんだけど
半信半疑で信じられずデッキ見せてもらって帰宅後検索したら
その人と同じデッキレシピだったのがコレ。

黒緑蛇 2018年8月~9月
カラデシュ~基本セット2019
~メインデッキ~
-土地 24枚-
4 《霊気拠点/Aether Hub》
4 《花盛りの湿地/Blooming Marsh》
4 《森林の墓地/Woodland Cemetery》
8 《森/Forest》
4 《沼/Swamp》

-クリーチャー 32枚-
4 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4 《光袖会の収集者/Glint-Sleeve Siphoner》
2 《導路の召使い/Servant of the Conduit》
4 《巻きつき蛇/Winding Constrictor》
3 《ピーマの改革派、リシュカー/Rishkar, Peema Renegade》
1 《不屈の神ロナス/Rhonas the Indomitable》
3 《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》
3 《貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra》
4 《新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulk》
4 《歩行バリスタ/Walking Ballista》

-呪文 2枚-
2 《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt》

-プレインズウォーカー 2枚-
1 《ビビアン・リード/Vivien Reid》
1 《秘宝探究者、ヴラスカ/Vraska, Relic Seeker》

~サイドボード~
2 《致命的な一押し/Fatal Push》
3 《強迫/Duress》
2 《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt》
2 《造命師の動物記/Lifecrafter's Bestiary》
4 《形成師の聖域/Shapers' Sanctuary》
1 《貪欲なチュパカブラ/Ravenous Chupacabra》
1 《ビビアン・リード/Vivien Reid》


変更点は茨の副官を導路の召使いに。
喪心を侮辱に。
ブロントドンをロナスに。
強迫とPWヴラスカを1枚ずつ減らして形成師の聖域に。
喪心、強迫はイマイチ信用していない。

動かし方は序盤からマナクリを展開して急いで5マナ払って巨人を展開する。
巨人召喚の前後でチュパカブラ、侮辱でブロッカーを弾いて勝ち。
マリガン判断は森1ラノエルでもマリガンした方がいい。
スペルが侮辱、チュパ、巨人、PWしか無い場合も
序盤で決着付けたいのに中盤戦になるし序盤押されて返せないのでマリガン。
テンポを最も重視してライフ20点を削りきること。
攻撃をためらってはいけない。
環境でクリーチャーサイズが最大となるのはこのデッキなので
真正面からぶつかったら勝つのはこっち。
どうしようもない生物はチュパカブラ、侮辱で対処。
ガルタ、ライラ、スカラベ、その他赤い生物、PWたちは除去カード1枚で解決できる。
1ターンでも退けて殴ることができれば良い。
"序盤"というのは手札を除いて自分の場、墓地に
カードを11枚~13枚くらいまで出した状態。
5月から見てきてこの辺が決着のポイント。
盤面の状況を見てみて、もしも劣勢なら打開できるカードって
歩行バリスタの直接火力しか無いと思うので、それを引けるかどうか。
…機械巨人で空は止まらない
…侮辱で1体屠ったところでもう1匹の脅威は残る
…PW出してもプレイヤー本体直接狙われるので時間稼ぎになっていない
などなど。
制限時間があるなら投了して次のゲームに移行した方が時間を有意義に使えるはず。

試合の流れ
1T:(土地1)ラノエル、聖域
2T:(土地2)2マナ生物召喚+ラノエル攻撃 or 3マナ出せるなら恐竜、リシュカー
3T:(土地3)バリスタX2、恐竜、リシュカー出してフルアタ
4T:(土地4)蛇がいれば巨人出して勝ち。バリスタX2、チュパカブラ出してフルアタ
5T:(土地5)巨人 or チュパ、侮辱、PWで除去
6T:(土地5)巨人
7T以降:手札が尽きるので苦しい。
ここまでで土地5枚引いていたなら47枚中、土地19枚、呪文28枚。
40%以上の確率で次は土地なので逆転できるカードを引くことは難しいです。

・vsコントロール
キツい
強迫はコントロール相手には強いんだろうけど
4枚刺して後半引いたとして打開できるのか?
という不安があるし初手で持ってても1ターン目から使うもんでもないので
3枚が丁度いいと思っている。
コントロール使いがイヤな顔をするのは造命師の動物記と収集者。
俺のプレイングがキチンと攻め切れていないらしく
ライフ20点削る前に凌がれて長期戦にもつれ込むと挽回できずに終わる。
 vs青黒ミッドレンジ…スカラベきつくて勝てなかった
 vsエスパーコン…青巨人、アズカンタでアド取られるけどブロントドン不足で不利。

・vs赤黒
キツい
侮辱4枚に増やしてチャンドラ、ハゾレト、ブリンガー対策。
単体除去しか搭載していないはずなので形成師の聖域4枚。
たかり屋、キラン号と鎖回しをブロントドンで止められるけど
なぜかブロントドン3枚だったので、ここが反省点か。
ビビアンで機体も含めて空を止められるのが良い。
サイドボードは
OUT:収集者4、ヴラスカ1、巨人1、ラノエル1
IN:聖域4、侮辱2

・vs黒緑蛇
キツい
相手はプッシュ4枚搭載だとこちらの蛇が展開できないことが多い。
相手の歩行バリスタの使い方が上手くて盤面押される。
スタック処理は本当にこの環境で勉強になったよ…
ビビアンよりヴラスカの方が強い。
相手のプッシュ、バリスタが困るので聖域4枚積み。…これはちょっと過剰かも。
バリスタを最後まで育てた方が勝つ。
やはりサイドボードの聖域4が過剰で
OUT:侮辱2、ビビアン1、ロナス1、リシュカー1
IN:プッシュ2、聖域2、チュパ1
がよいのかもです。

・vs白黒騎士
サイコロで先行取った方が勝つ
タフ4を育てることができれば押せる。
ベナリア史はブロントドンで割る
ベナリア史第3章まで行く前にバリスタで騎士の数を減らした方がいい
悪意の騎士をプッシュで善意の騎士をタフ4でブロック
アジャニは侮辱
ライラはチュパ
相手が
1T:プッシュ
2T:善意の騎士
3T:ベナリア
4T:ベナリア
5T:アジャニ
なら負け

この記事へのコメント