【アクアリウム】経過観察2月18日

相変わらずメダカが少しずつ落ちていく現象は収まらない。

2月の10日の週は
上部のプランターを外してメダカ、ドクターフィッシュ、マツモ、アマフロ、ろ材で1週間様子見。
その間もメダカは少しずつ(やはり日に1匹ずつ)落ちて残り4匹になった。
…ただ1週間の間に産卵した個体もいた。卵は回収⇒サブ水槽へ移動させた。
で、この2月17日に水質チェック。
テトラ6in1とアンモニア試薬を購入。
アンモニアは検出されず(黄色のままなのでゼロ)
硝酸塩、亜硝酸もセーフ値。

( ^ω^)…???

今週の経過観察ではプランターの観葉植物の農薬の可能性も無いので
残る原因はドクターフィッシュとの混泳だけなんだよなぁ…
朝起きたら隔離して更に様子見か。

ネットで混泳可能か調べてみると
意外と攻撃的な面があって、他の魚を舐めることもあるらしい。

これで安定するなら飼育する種の数だけ水槽が必要じゃんよ…

最後に水槽の様子を撮影しておく。


メイン水槽↓
画像

部屋の隅っこに配置してあって水槽正面に衣装棚がある都合、俺が水槽の前に立てない…
上部プランターで天井照明が水槽の中まで届かないので水中用照明を追加したせいで
正面から撮影すると眩しい。なので斜めから撮影してます。メダカ減ったので水槽全体を見るとスカスカ。

小松菜↓
画像

1ポットに4株くらい植わっていたものを半分くらい間引いた。
間引いた苗は更に別容器に移してPCデスク周辺で生育中。
PC前は10℃ちょいあって、水槽を配置してある部屋より暖かい。
これで成長スピードに差が出てくれれば収穫時期をずらせる。
ただ、スーパーで売ってる露地栽培の小松菜をチェックすると
…やっぱりデカいんだよね。
俺の部屋にはそこまで巨大化させるエネルギーは無いと思うw

手前のはポトスライム。近所の園芸店で298円。
葉っぱの大きさがかなりデカい。大鉢から切り分けてポットに小分けしたものっぽい。
黄緑色の葉っぱ、癒されるわ~

サブ水槽↓
画像

オレンジチェリーシュリンプは順調に育っている。
托卵ゼロだけど稚エビは10匹以上いてカウント不可。
1匹脱皮殻が尻尾部分の脚に絡まったまま☆った。脱皮失敗?
水草の成長スピードがめっちゃすごい。
アマフロの根っこは水位を上げた分だけ伸びる。
マツモもどんどん長くなっていくのがわかる。ちょっと怖い。
水槽の裏側がギリ見えるようになる程度に古い部分をカットした。

…マツモに栄養分を吸収されて小松菜まで届いていないのでは?
エビもくっついてくるし、メダカの卵もくっつくし、マツモの調子がいいことは歓迎なんだけどね。

この記事へのコメント