セコンダ!

お久しぶりです。

先日、健康診断の帰りに折角なので
来年春?発売予定のオフィスチェア オカムラ家具のコンテッサの
モデルチェンジ版?である「コンテッサ Ⅱ(セコンダ)」を見に行ってきました。

↓これです
ttp://www.okamura.co.jp/product/seating/contessa_seconda/

東京の永田町のホテルニューオータニの3階にショールームがある。
ttp://www.okamura.co.jp/company/showroom/

日曜、祝日は開いていないので平日に試座しにいくといいと思います。
館内は写真撮影禁止なので写真は無いです。

展示スペースにはオカムラの椅子が一通りあって、
セールスマンは特に張り付かずに一人で好きなだけ座ってOK、って感じ。
個人で見に来ている人と法人とで半々。
会社の社長さんと、そのお付きの者がオカムラの営業マンから色々説明受けて
ちょこっと座ってみてあれこれ悩む。
…そんな光景をいくつも傍目で見ながら椅子に座ってふんぞり返ってましたw

コンテッサにとっては新色?の「セージ」色の実物が置いてなかったのが残念。
(他の種類の椅子で使ってた色かな?)
セージ色の生地のサンプルは置いてあった。
結構明るめの色なんだけどキツくないんだよね。

いつも初代コンテッサに座ってる自分の感想。
まずは比較対象に「サブリナ」の感想だけれども…
・リクライニングがコンテッサより柔らかい。
・後ろに倒せる角度が若干大きいか?
・ひじ掛けの高さ調整用のプッシュボタンが付いた。操作しやすい
↑この辺はセコンダにも踏襲されてるっぽい。

んで、コンテッサ セコンダの感想

・初代とセコンダを並べてみたけどサイズ観は変わらず。座面より下部の構造は変化なし?
・新しくホワイトも用意されたボディフレーム部は薄くなった。…が、触った感じ硬くなった。
 ほぼフラットでシャープな印象になった。
・座面、背面のメッシュ地は肌触りが優しくなってる。座った時の反発?は新旧変わらず。
・ランバーサポートはツマミで前、奥に出したりできなくなってた。
 代わりに上下調節で接点を調整できる(製品化時は変えてくる?こっちの方がいい?)
・ひじ掛けの肌に触れる黒い部分の質感が変わった。初代の方がグリップありそうなイメージ。
・ひじ掛け高さ調整はサブリナと同じ。ボタンがあるので操作方法がわかりやすい。
 調節できる可動範囲は初代と変わらず?違いがわからん。
・リクライニングが柔らかくなった(新旧どちらもレベル1で)感覚はサブリナと同じ。
 角度固定しないモードで使う時に快適さが全然違う。
 初代は体重預けると背面に一度ぶつかる感じだけどセコンダは受け止めてくれる。
・座面はクッションの方が楽。リクライニングの柔らかさと合わせてドサっと座りたい時は
 クッション生地だとしっかり受け止めてくれる。そんな感じがする。


色の話。
基本のフレームとボディのフレームのカラーが選択できるようになっている。
基本:背面の曲線のパーツ部分とかその他、銀色の部分の色。ポリッシュ、シルバー、ブラック
ボディ:生地の周りやひじ掛けの色。ブラック、ホワイト
※詳細はカラーシミュレーションのページがあるので試してみてね

ボディフレーム白は相性の良い生地の色が存在しないと思った。
 基本ポリ×ボディ白×生地ライトグレー が一番締まるかな?
 基本ポリ×ボディ白×生地も白 は実物見たけど締まらない。濃淡が無いんだよな~

基本フレーム黒はアリかも。実物は無かったケド。
 基本黒×生地レッド or 生地ダークグリーン とか濃い色と黒フレームの組み合わせが○
でもコンテッサの魅力はおしり部分のアルミフレームの曲線美だと思うので
やっぱり俺の本命は
 基本ポリ×ボディ黒×生地白(自分が持ってる椅子の組み合わせがコレ)
 基本ポリ×ボディ黒×生地セージ
 基本ポリ×ボディ黒×生地ミディアムグレー
…この辺。光沢あるフレームには淡いシートカラーが良いと思う。
んで、濃淡つけるために黒枠で締める。
ベージュは人肌、服装と保護色?で霞みそうなので敬遠。
ライトグレーよりミディアムグレーの方が実物見ると締まって見えた。
半分透けてるからかな?どうせ淡い色にするなら白生地で思い切った方がいい。
上でも書いたけどセージ色、実物見れなかったのはホント残念だけど
生地サンプル見た限りでは超いい色だったからね!
ポリッシュ加工のフレームと鮮やかな緑色でインパクトは強烈だと思う。

この記事へのコメント