レクサス CT200h 試乗

会社の先輩についていって、ディーラー巡り。今日はレクサスと日産。
・レクサス CT200h
・日産 ノート MEDALIST
・日産 スカイライン ハイブリッド



以下、ダラダラと個別に感想を。



~レクサス CT200h~
最近マイナーチェンジしたらしいです。
会社の先輩についていって、試乗と見積もりを取ってきました。
レクサスの中では最も安価な車種。
先輩は別のタイプ(IS250)を検討しているらしい。

■外見 デザインについて
スバルのインプレッサみたいな形状(ハッチバック?)の車。最近はこういうタイプが流行なのか?
去年試乗したアクセラもこんな形だったと思うけど。
自分で運転するなら見た目はあんまり関係ないかな…

お店の展示ルームの床面が鏡みたいになっていて
車の裏側、腹の部分が確認できるように意識してレイアウトされているようです。
フツーなら絶対気付かないけど
車の裏側が平坦?になるように作りこんであって
車体の剛性?の向上だとかそういう部分も拘っているらしいです。
他の車種ではどんな感じになっているのか皆目見当もつかないですけど
見えない部分まで拘っている点は高ポイント。


■試乗について
用意してもらったのはCT200h F SPORTのモデル。

アクセルの踏み心地とか加速とか走りの性能はすげーストレートで乗りやすいです。
後退・駐車は…不明。取り回せないことはないと思うけど
本音を言えばもう一回り小さい方がラクかなぁ。
実際に狭いところに行ってみないことには…

・視界
ISは助手席に座って、CTは自分で運転していたので正確には比較しづらいトコだけど
ISの方がフロントガラスの角度が緩やか?ISの方が見晴らしはよかった…と思う。
どちらも文句ないけど比較すると細かい部分が気になるな~

・走行モード切替
ツマミでエコ、ノーマル?、スポーツモードの切り替えができる。
…確かプリウスもこんな感じでボタンで切り替えできたような…
エンジンのベースはプリウスだと聞いたので走行モードに関わるUIは似ているのか?
ハイブリッドカーはどれもこんな仕様なのかもしれないですけど。
街乗りでリッター13~15kmらしい。

・シフトレバー
どこのレンジに入れても元の位置に戻る
(でもモードは変わってる)のでパネルの情報を見ないといけない点がちょい不安。
運転ヘタクソなのでレバーを必ず見るのでレバーの位置で状態がわかる方がいい。
パーキングはレバー操作ではなくボタンクリック。

担当していただいた営業マンは試乗の前に俺の運転免許証も何も確認しなかったんだけど
信頼されているのか抜けているのかイマイチ読めなかったです。
若干疑いの念が…


■見積もりについて
"Version C"と"F Sport"の見積もりをもらって一旦帰宅。
Cにオプション付けていくとFとの価格差はホント僅差になる。
この僅差分はフロントグリルのデザインとシート生地の模様?
他に細かい差はついているかもしれないですが。

「価格差がそこまで無いならもう1つ上のグレードでいっか」
って見ていくとキリが無いのでどこかで妥協しないといけないです。

・ディーラーが家から歩いて行ける距離にある
・車検などで車を預ける時に必ず同等以上のレベルの台車を用意してもらえる
・オイル交換等のメンテがサポート料金にコミコミ(3年間毎年+7500kmごと?)
・事故った時の保険屋との連携 ディーラーへの通達速度
他にも何かあった気がするけど
レクサスの手厚いサポートサービスはCTでも享受できるらしいです。



~日産 ノート MEDALIST~
レクサスCTと大きさ似てるかな?ってゆうのと、こちらも最近マイナーチェンジしたらしいので。
価格帯も俺にはこの辺りじゃないと購入できないので。マジで車買うなら。

■試乗について
ノートのMEDALISTというグレードにエマージェンシーブレーキを搭載したタイプ。
黄色のカラー(MEDALIST限定?)の試乗車が出てきて初見でのインパクトは抜群でした。

・走行
操作方法は普通。特に問題はなく運転できた。
アクセル踏むと想像以上にスピードが乗る。排気量1.2Lらしいがこれは意外だった。
大人3人乗ってこれなら申し分ないか。

・駐車
車の前後左右に4つカメラがついてて360度視点で周囲の状況がわかるギミックがある。
(アラウンドビューモニター)
駐車も試させてもらったけど、この機能がすげー便利。
運転ヘタクソなので後退すると車の状況がわからなくなるんだけど
アラウンドビューで確認すれば駐車スペースど真ん中に調整できるのはスゴい。
路駐で左側に寄せたい時もこの機能が使えると思います。

カメラの位置は前後は死角になっている場所にありました(だからどうしたって話)
前:NISSANエンブレムの中
後:ナンバープレートのすぐ上の窪み
左右:サイドミラー下

・安全性能
エマージェンシーブレーキ機能が自動車メーカーの中では日産が一歩抜きんでているらしい。
機能が発動する速度帯が一番広い?
ちょっと試す機会がなくって話もあまり聞けなかったんだけれども
信頼(俺は信頼したら事故ると思うけど)は一番できるのなかぁ、と。



~日産 スカイライン ハイブリッド~
ノートの試乗のついでに試乗できたので乗るだけ乗ってきました。

■外見 デザインについて
外観はオシャレ。ボディが長い。ボディカラーもどれも落ち着いた感じで良い。
俺の親父と一度、車について話をした時に
1980年後半~90年代前半の日産シルビア、スカイラインのカタログで
熱弁された覚えがあるんだけど、多分、今のスカイラインにも
その時代の拘り、面影が残っていると思う。
そんなこんなで第一印象は「親父が好きそうな車だな~」だった。
「シルビアの間接照明がムード満点」と親父は言っていたんだけど
スカイラインにもオプションで室内間接照明が付けられるっぽいです。
やっぱりどこかに需要はあるかもしれないですね。

レクサスCTとスカイライン、どちらも屋根に穴を開けてサンルーフ取り付け加工ができるらしい。
下取り査定がアップするとかなんとか。
スカイラインの試乗車はサンルーフが付いていたので開けて走ってみたけど
風切り音とかは特に気にならなかったので付けてもいいかもしれないです。
…青空駐車でサンルーフ付きの車は持ちたくないんで
この辺の価格帯の車を求めるならマンションに引っ越して地下駐車場か
ガレージを持つべきなのかなぁと思いました。


■試乗
スポーツモード?に切り替えるとハンドリングの間隔が変わるらしいけど
ちょっと違いはわからなかった。レクサスISでも同じような仕様らしいけど
この辺の仕組みは…謎。

アクセルを踏み込む感触、これはストロークが全然無いのか?
ホントにペダルを踏んでるのかわからないです。…慣れの問題か?
この点はレクサスのが素直だった。

試乗の中で感覚をつかむことはできなかったです。
練習(笑)が必要だな~と思いました。

ボディ全長が結構あるんですけどアラウンドビュー機能が搭載されているので
スカイラインも駐車できました。

…もしも実家に戻ることになったら親父と折半でスカイラインを買います^^;




■まとめ
前回のマツダ アクセラから更に2社の車に乗ってみてわかったのは、
メーカーごとに操作にクセがある、ということ。
操作がラクだった順は
レクサス > 日産 > マツダ
他のメーカーは乗ってないから知らないです。

レクサスCTとスカイラインに関しては見積もり出してもらってハッキリしたけど
宝くじ等で一攫千金を狙うか親父の財布を利用しないと購入できないと思いました。
俺自身、車に興味ないんだけど、
なんとなくざっくり人生を終えるまでに一度、どちらかを買うのを目標にしてもいいかもしれないです。

マツダのデミオがモデルチェンジする?という話を聞いたので
マジで購入するならノートとデミオで比較検討する形になるかなぁ。

でもその前にできれば…
・トヨタとホンダのディーラーに行って試乗する
・俺の弟が車を買い替えるかどうか?買うなら何を買うのか把握したい
・保険の等級を上げて月々の支払を下げたい(実家からワゴンRを持ってくる)
・車を購入する理由を見つける

前回の試乗レポートを読み返して、増税後、車の価格はどうなるか?
みたいな疑問を抱いていたけど、レクサスについては3月の価格と4月の価格を説明してもらえた。
まー増税分を納得して購入するしかないんだと思います。
買い物してても軒並み料金Upで辟易してるんですけど…^^;

長くなったけどここまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント